Meycough Works

塔2019年10月 月詠

あれこれと話は進むゆらゆらと紅茶におぼれゆくアフォガード

発車ベル夕焼けみたいな音になり各駅停車に乗り帰宅する

飢えだとか渇きだとか共有しあえるあなたのいないこの場所

新しいメガネの視界にはっきりと透明な膿までもが映る

ひどく歪みにじむ視界の外側で花火のあがる音だけがする