Meycough Works

塔2019年6月 月詠

焦点を結ばぬうちに映像を取り消す春の遅い夕暮れ

駅中に桜の偽物飾られて春を呼んでるつもりだろうか

春の夜は淡い夜闇が花びらのようにはらはら散っていくから

桜花あれは赤いと言うべきか生命のあざやかな花びら

魂の重さは二十一グラム春の雨粒にじんだ重さ