Meycough Works

小説

オリジナルの小説を置いています。

※『奇会的光陰観測』のつづきにあたる『奇会的観測』をnoteで連載しています。

奇会的観測

イラという少年と、メーコという少女のふたりの主人公から成る、現代伝奇ミステリー。
サイコパス集団「奇会都市」と、彼ら彼女らをめぐる物語。

これはビル屋上にある、プレハブ小屋からの観測記録だ。

奇会的光陰観測

さんばんめのおはなし。
研究所の影がじわりと忍び寄る。 イラの逃避行の結果やいかに。
(最終更新:2020.07.30)

奇会的光陰観測 目次へ

奇会的小唄観測

にばんめのおはなし。
メランコリック・ララバイが流行する。
聴いた者は必ず死ぬという子守歌を流したのは誰。
(完結)

奇会的小唄観測 目次へ

奇会的魔女観測

最初のおはなし。
白陽連続殺人事件の背後にいた、奇会都市とは。
(完結)

奇会的魔女観測 目次へ

!CAUTION!

この作品はフィクションです。実在の団体、人物とは関係ありません。
また、犯罪等の反社会的行為を推奨するものでもありません。
あくまで物語の世界のおはなしです。